ボランティア・ミシガン研修
高齢者の「こころのケア」に取り組むボランティアの育成

心のケアに携わるボランティア約15名を公募・選考し、米国のミシガン大学に派遣して一週間の研修を実施しています。日本の高齢者医療・福祉にも造詣の深い講師陣から、傾聴が果たす役割、高齢者の心を支えていくあり方などを、わかりやすく学ぶことができます。

当初は、当財団が阪神・淡路大震災を機に立ち上げた「ユニベールボランティア」の研修のために、1996年から毎年ミシガン大学にボランティア・メンバーを派遣しておりましたが、内外からの要請により、2008年からは一般に枠を広げ、全国で心のケア・傾聴ボランティアに取り組んでいる方々を対象として開催しています。

事例を交えながら“傾聴”“受容”“共感”などについて学ぶ講義のほか、ボランティアが活躍する施設の見学や、現地のボランティアと交流し、ボランティアに同伴して活動を体験することもできます。また、野外でのアクティビティを通して楽しくチームワークを学び、自分を見つめ直す体験学習なども用意されています。

身近に高齢者と接するボランティア、災害で傷ついた被災者のこころのケアにあたるボランティアのみなさまにお勧めします。

※ミシガン現地での研修に代えて、国内で心のケア・ボランティアに関わるフォーラムを開催することがあります。心のケアフォーラムについては、下記をご覧ください。

募集要項・参加申込書のダウンロード

※2018年度の募集は終了しました。


研修レポート

2018年度

第8回ボランティア・ミシガン研修を開催
2018年10月21日~28日

傾聴活動を通して「心のケア」に取り組むボランティアを全国から公募し、選考した13人を、高齢者ケアの研究・教育・実践で高い評価を得ているアメリカのミシガン大学に派遣しました。
セミナーは、専門家による講義や施設見学、現地のボランティアとの交流会、ボランティア活動の体験、チームワークを学ぶアクティビティなど、多様な内容で構成されています。参加者はこれらプログラムを通して、傾聴が果たす役割や、高齢者の心を支えるとはどういうことか、学んでいきました。

ミシガン大学キャンパス


専門家による講義では、「グリーフ(悲嘆)」「レジリエンス(治癒力)」「マインドフルネス」などのテーマを通して、人のこころのあり方を学び、相手を受容し寄り添う接し方について考えました。
また日ごろのボランティア活動に関する悩みや課題を皆で共有し、専門家と一緒に話し合う時間も持ちました。

施設訪問では、認知症高齢者の入所施設やホスピスなどの福祉施設を見学しました。そこでは、施設利用者の親しい友人のような存在として、ボランティアが役割を果たしていることを知りました。

現地ボランティアとの交流

また、福祉施設で活動している現地ボランティアとの交流会では、日本とアメリカの互いのボランティア体験を小グループで話し合いました。参加者たちは、アメリカのボランティアの大らかで温かな雰囲気に刺激を受け、普段の自分たちの活動の姿勢を見返るきっかけになったようでした。

ボランティア体験のプログラムでは、認知症専門のデイサービスでの活動、友愛訪問(話し相手として個人宅を訪問)、配食サービス(外出困難な高齢者の自宅に食事を届ける)に分かれ、現地のボランティアに同行しました。どの場所でも、日本から来たボランティアを温かく受け入れてくれました。相手の喜ぶ姿に接した参加者たちは、短いながら充実した時間を過ごしました。

チャレンジ・プログラムの様子

その他に、チームワークを学ぶ「チャレンジ・プログラム」(ミシガン大学レクリエーション・スポーツ学部のプログラム)では、屋内外でのさまざまなアクティビティを通して、チームで問題解決に取り組みました。皆で協力して一つのことを達成する喜びを体験し、日本での活動に活かしたいとの声が聞かれました。

最終日には修了式が行われ、一人ひとりに修了証書が渡されました。
セミナーで学び経験したことや、同じ志を持つ仲間との繋がりを活かして、これからも相手に寄り添う傾聴活動を継続していっていただきたいと願います。

動画

研修の様子をYouTubeでご覧いただけます。